整形外科|大野城市の整形外科

大野城市の整形外科なら金澤整形外科

お電話でのお問い合わせは

0925727288

診療時間

休診日木曜午後/土曜午後/日曜/祝日

整形外科

整形外科について

整形外科では、主に身体運動に関わる骨、筋肉、関節、神経等の障害に対する治療を行います。

交通事故や労働災害による骨折、捻挫、打撲等の外傷はもちろん、加齢に伴う変形性関節症等の変性疾患や、骨粗鬆症、関節リウマチ、腱付着部炎等のスポーツ傷害、痛風等も扱います。

外傷

整形外科領域においては、骨折や捻挫がこれにあたります。
損傷している場所や折れ方によって治療が異なってきますので、適切で迅速な診断・治療が大切です。

変形性関節症

変形性関節症とは、年齢をはじめとした様々な原因により関節の痛みと変形をきたす疾患です。脊椎、股関節、膝関節、足関節等の負荷がかかる関節に多く見られます。一度変形した関節は元に戻らないため、早めに受診し、適切な治療を始めることが大切です。

腰痛・坐骨神経痛

腰痛の原因として、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、筋膜性腰痛症、腰椎分離症、腰椎すべり症、脊椎圧迫骨折等、様々な原因があります。その原因を適切に把握することが、痛みをとるために最も重要なことです。

肩・頚の痛み

肩や頚の痛みも腰痛と同じく、肩こりから五十肩、腱板損傷、頚椎ヘルニア、頚椎症と様々な原因があります。適切に痛みの原因を診断し、それに沿った治療を行うことが肝要です。当院では、一見同じに思える頚から肩にかけての痛みを適切に診断/把握し、実は個人によって千差万別な症状に対する適切なアプローチが出来るよう、医師・看護師・理学療法士がそれぞれの側面から1つのチームとして解決できるように心がけています。特に五十肩や腱板損傷、凍結肩など、一見同じ疾患とされがちなものに対しても適切に介入出来るようスタッフ1人1人が研鑽しておりますので、その様な症状でお困りの方はご相談ください。

腱付着部炎

腱付着部炎とは、腱や靭帯が骨に付着している部分で炎症をおこす疾患で、テニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎等がこれにあたります。運動時に大きな負荷がかかる所なので、痛みが長引くことが多く、スポーツ活動はもちろん、日常生活動作にも支障をきたします。治療としては炎症を起こしている場所を適切に把握し、消炎鎮痛剤等を用いた治療を行っていくことになります。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、加齢等の様々な要因により、骨の強度が低下し、骨折のリスクが高くなる骨疾患とされています。つまり、骨がスカスカになって弱くなり、軽微な力で骨折しやすくなっている状態のことを指します。年齢が高いときに骨折を起こしてしまうと、最悪寝たきりの状態になってしまうために、適切な診断と、日常生活の改善・指導はもちろんのこと、内服薬や注射で、骨折予防をしていくことが大切です。当院では、特に腰の骨脆弱性骨折について注意しながら治療を行っています。

関節リウマチ

関節リウマチ

何らかの原因で関節に炎症が続き、関節が徐々に破壊され機能障害を起こす病気です。手足の関節で起こりやすく、左右の関節で同時に症状が出やすいことも特徴です。発症早期に適切な診断をし、治療を行うことが大切です。当院ではレントゲン撮影、運動器エコー、血液検査などで病期診断を行っています。

ページトップへ