ブログ|大野城市の整形外科|page8

大野城市の整形外科なら金澤整形外科

お電話でのお問い合わせは

0925727288

診療時間

友だち追加

休診日木曜午後/土曜午後/日曜/祝日

ブログ

防災訓練行いました。

  • ブログ
先日の5月10日に防災訓練を行いました。院内の防火設備を点検していただいた後、消火器を使った消火訓練を行いました。    
続きを読む

新入理学療法士紹介

  • ブログ
  今年度入職しました理学療法士の平峯直樹です。 小学校3年生からサッカーをやっていることもあり、運動器リハビリテーションやスポーツ障害に対するリハビリテーションを勉強しています。 当院のモットーである患者様とのコミュニケーションを大切にしていきながら、患者様の訴えをよく聞き、よりよい日常生活が送れるよう、患者様と一緒に頑張っていきたいと思います。 よろしくお願いいたします。
続きを読む

2018_6 第1回肩関節フォーラム参加報告...

  • ブログ
去る3月16日の金曜日、「肩関節フォーラム」の講演会に参加してきました。講師の先生は福岡大学筑紫病院の柴田陽三先生で、人工肩関節についての講演でした。先生の講演では人工肩関節の歴史から、最新のリバース型人工関節まで幅広く講演いただきました。 人工肩関節は股関節や膝関節と比べて症例数が少なく、全人工関節の中でも比率は少ないものです。しかしながら、今後超高齢化社会を迎えるにあたって、人工肩関節の需要は...
続きを読む

2018_5 第17回久留米関節セミナー参加...

  • ブログ
理学療法士の牛嶋です。 2/11(日)久留米大学医療センターで開催された、第17回久留米関節セミナーを受講してきました。今回は、『たかが足首の捻挫』をこじらせないための知識と実践という公演からの内容を紹介します。 捻挫とは関節が捻られて損傷、つまりケガをした状態です。そして、捻挫を最も起こりしやすいのが足首です。スポーツではバレーボルやサッカーでのジャンプの着地、激しい接触動作によってケガしますし...
続きを読む

2018_4 福岡県理学療法士会 スポーツ障...

  • ブログ
理学療法士(PT)の村上です。2月11日に広川町の下広川小学校で開催された、福岡県理学療法士会(県士会)主催のスポーツ障害予防事業にPT木村と村上で参加してきました。県士会は現在、バスケットボールと少年野球で障害予防事業に取り組んでいるのですが、今回は少年野球のほうに協力してきました。PTスタッフ9名で約25名の子供たちの身体のチェックとストレッチ・トレーニングの指導を行いました。指導者や保護者の...
続きを読む

2018_3 第2回三国中障害予防教室_村上

  • ブログ
  理学療法士の村上です。1月28日に小郡市三国中学校で第2回三国中障害予防教室を「野球・ソフトボールのスポーツ障害予防に必要なストレッチ、筋力トレーニング~自分の身体を知ろう~」というテーマで開催してきました。昨年は三国中学校野球部とソフトボール部だけでしたが、今年はそれに大原中学校野球部が加わり、保護者も合わせるとなんと100名ほどの参加者となりました。当初、1時間半の予定が、結局、...
続きを読む

2018_2 博多リウマチセミナー参加報告_...

  • ブログ
先日の1月28日アクロス福岡で開催された博多リウマチセミナーに参加してきました。 リウマチ治療において第一線で診療されている先生方の話が聞けるとあって、多くの先生方が参加されていました。 今回の講演で印象的だったことは、「リウマチ診療というと手の症状(痛みや腫れ)が重視されがちであるが、足の症状も注意深く診察する必要がある」ということでした。リウマチの患者さんは初期症状として手のこわばりや痛み、腫...
続きを読む

2018_1 福岡足の外科カンファランス参加...

  • ブログ
先日1月26日(金)に開催された福岡足の外科カンファランスに参加してきました。講演は「アスリートの足を治すー疾患別のポイントについてー」という題目で早稲田大学スポーツ科学学術院教授の熊井司先生でした。 足関節の靭帯損傷から最新の治療法について幅広く講演してくださいましたが、その中でも印象的だったことは ・局所の症状だけではなく、身体機能全体を把握することが重要 ・動的メカニズムからの病態把握 ・積...
続きを読む

筑後野球肘検診参加報告

  • ブログ
         先日の12月16日(土)に筑後地区で行われた野球肘検診に当病院のPT4名(村上、牛嶋、木村、北川)と共に参加してきました。野球肘検診とは、その名の通り、肘に障害を抱えた野球選手(特に障害を来たしやすい成長期の小学生)を見つけるための検診なのですが、特に外側型の野球肘(離断性骨軟骨炎)は予後の悪いもので、悪くなってからでは治療が難しい疾患です。かといって初期には...
続きを読む

講習会参加報告_12_北川

  • ブログ
理学療法士の北川です。今回私は、変形性膝関節症の勉強会に行ってきました。 年を重ねるにつれて体力が落ちてくる、また60歳以降になると1年で1%ずつ筋量が減ることから筋肉で姿勢を保つことが出来ず、骨で姿勢を保つようになります。特に女性は骨粗鬆症により圧迫骨折などを起こしやすい姿勢となります。 このことから、若いときに比べ姿勢が悪化し、歩く時の床からの衝撃を効率的に吸収できなくなり、股関節や膝関節など...
続きを読む

ページトップへ